薬剤部

薬剤部

理念・方針

病院の理念に基づき、慢性の症状を抱えてしまった患者さんも含め、社会復帰のサポートをする。


業務内容

調剤業務

薬剤師が処方せんをもとに外来・入院患者さんの薬を調剤しています。薬剤師は、処方せんが発行されると、重複投与や相互作用などを確認し、疑問点は必ず医師に確認するなど、適正かつ安全な治療をサポートしています。

薬剤管理指導業務(入院服薬指導)

入院患者さんへの薬の内容や飲み方、副作用などの説明、状態や副作用のチェックなどを目的に薬剤師が直接ベッドサイドにお伺いしています。

DI(医薬品情報)業務

医薬品についての様々な情報を収集し、日常の薬剤業務に役立てたり、医師や看護師などの医療スタッフに提供しています。

薬剤管理業務

病院内で使用する様々な医薬品の購入、管理を行っています。医薬品の採用や削除は、薬事委員会で審議し、決定しています。


薬剤部の雰囲気

常勤2名、非常勤2名で厳しくも和気あいあいとしています。


患者さんへのメッセージ

当院で処方された薬だけではなく、他の病院でもらった薬や薬局やドラッグストアなどで購入された薬についてもお気軽にご相談ください。

薬剤部スタッフの声

富士病院を選んだ理由

精神科病院での勤務経験を活かしたいと思ったため

富士病院で働いてよかったと思ったことは?

医師を含め、様々な職種のスタッフと気楽に話しができること

富士病院で働いて大変だと思ったことは?

特にないです

富士病院はこんな職場です!

様々な職種のスタッフと連携を取りながら、和やかに仕事を進めることができます。

メッセージ(応募を考えている薬剤師へ向けて)

精神科病院と聞いて不安になることもあると思いますが、他の診療科では経験できない患者さんとの人間関係の構築などやりがいを感じることもたくさんありますので、面接だけでも受けてみてください。

PAGETOP
Copyright © Fuji Hospital All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.